保育園

保育士になりたいけど、保育士の仕事ってどんなことしてるの?

投稿日:

こんにちは!私は、元保育士です。昨年結婚して、住む場所から職場が遠くなったのと、新しい環境に両立できないと思い、保育士を退職した主婦です。

今日は、保育士を目指す人に向けて保育士の1日の仕事の流れを紹介します。

保育士の仕事といっても、書類の仕事、家での仕事などもあるので、今回は、勤務して退社するまでの時間を簡単に紹介します。

各園によって、全く違うかもしれませんので、一般的なことだけにしておきますね。だいたいですいません。

8時30分〜仕事開始

朝は、8時30分からすぐに仕事につけるように8時ごろ出勤し、それまでにエプロン身だしなみを整えて出勤簿に印鑑を押したり、昨日までの各クラスの出来事を記入したものを読んで把握しておきます。

例えば、昨日は、「〇〇クラスに2名インフルエンザ出たのか。」など、ほかのクラスの情報も頭に入れておきます。

受け入れ

早朝の子どもは、もうすでに登園して遊んでいます。早朝の保育士がいて子どもを見ています。次々と登園してくるので、朝は一つの部屋で0〜5歳児まで一緒に受け入れています。保育士は「おはよう」と言いながら子どもの顔をしっかり見て、視診、   触診をしています。

例えば、インフルエンザが流行っているときは、保護者に体調や様子を聞いたり、体を触って熱がないか確認します。あとあと、熱あったので迎えに来てくださいと電話するより、なるべく保護者の前で確認しておきます。

人数確認

何人の子どもがいるのか確認します。これはとても大切なことです。いつ地震が起るかわからないのでしっかり誰が来てるのか、休みはだれか、なぜ休みなのかをしっかり把握しておきます。

8;30〜9;30各クラスに戻って自由あそび

9時ごろ、だんだん人数が増えてくるので、各クラスに分かれて登園が完了するまで好きなあそびをします。保育士も複数いるので、一緒に遊ぶ保育士、保護者対応する保育士など分かれて仕事していますが、それぞれ違う仕事をしていても、そればっかりにならずに、全体をしっかり見ていきます。

保護者とばっかり話をしていて、’子どもを見ていなかったなんてことは言い訳でしかないです。一人一人の職員がしっかり見るように心がけます。特に小さな子どもなので、複数の目でしっかり見てあげないと何が起こったのか親に伝えることができまいので。

9;30〜朝の集い、朝の会

9時30分までに全員の子どもが登園するので、一度おもちゃを片付けて、朝の会をします。挨拶をしたり、歌を歌ったりします。(園によって異なります)

保育士はピアノを引いたり、人数確認、給食の人数を伝えに行ったり、お帳面の確認をします。(複数担任の場合)

10;00〜活動のはじまり

子どもは保育園に来て、遊びの中で自ら学ぶことができるように、事前に環境を整えときます、ただ単に遊具や玩具で遊ぶのを保育士が見ているのではありません。

毎日の活動内容が決まっていて、一つ一つに「遊びのねらい」を考えています。

例えば、シャボン玉あそびをするのなら、どんなふうに子どもは遊ぶのだろう?と予想して、遊びが膨らむような材料を置いておきます。そこから子どもが自ら遊びを考えて遊びが広がるようにします。保育士が「今日はシャボン玉をして遊びます」と決めつけるのではなく、「シャボン玉で遊んでみよう」と自ら思う子どもになってもらえるような環境づくりをします。

11;30〜給食

保育士が給食を取りに行くまえに、アレルギーがある子どもが何が食べれないのか、確認します。複数の保育士もしっかり把握できるように、声に出して確認します。

手洗い、消毒をして、髪の毛などもしっかり帽子の中に入れて給食室のに行きます。厨房の栄養士に、クラス名を言って、アレルギーがある子どもの確認をします。

例えば、クラスに卵アレルギーの子どもがいるなら、◯◯さん卵アレルギーなので卵が除去になってますなど、声に出して復唱します。

クラスに戻ってからも、他の職員にもわかるようにもう一度、復唱します。

配膳します。その後、一緒に食べます。

会話を楽しみながら、食事のマナーを伝えたり、食事が進んでいない子どもには、食べるように声をかけたりします。

12;30片付け

子どもと一緒に片付けをします。床を拭いたり、食器をげ善したり、掃除をします。幼児クラスは、子どもにほうきで掃いてもらったり、テーブルを拭いてもらうなどお仕事もしてもらいます。全て保育士がするのではなく、年齢によってできることは経験させる機会を作っています。

13;00〜14;30(15;00)子どもがお昼寝中、帳面記入、休憩にいく

布団を敷いて、子どもは午睡します。午睡している間保育士は、お帳面に今日の様子を記入したり、子どもが寝ているかチェックしたりします。特に乳児クラスは乳幼児突然死症候群(SIDS)にならないように、息をしているか5分から10分おきに確認しています。

14;30(15;00)起床

子どもを起こしたり、布団を片付けたり、トイレの援助をします。椅子やテーブルを出しておやつの準備をします。

15;00おやつ

おやつを取りに行くときも、給食時と同様、アレルギーがある子どもをしっかり把握してから行きます。配膳する。

15;30掃除、自由あそび

おやつ食べた子どもから自由にあそびます。その間に一緒に遊ぶ保育士と部屋の掃除、トイレ掃除をする保育士に分かれます。

16;00帰りの会

みんなで歌を歌って、帰りの挨拶をします。

16;30〜随時、降園まで自由あそびをする

遊びを見守りながら一緒に遊びます。保護者のお迎えが来たら、遊んでいる子どもを呼んで片付けをするように伝えます。その間に、今日の様子を保護者に伝えます。

〜19;00遅番の保育士に申し送りして、保育士も帰る

保育中に怪我をしたことなど、細かい事でも保護者にお伝えしなければなりません。でも延長の子どもまで待っているわけにはいかないので、遅番の保育士にしっかり伝えておき、保護者に伝えてもらいます。

まとめ

これは、一般的な流れを書いただけ、園によって保育士の仕事は様々です。この後、書類をする園もあります。私の園も職員室で書類をしていました。書類内容はまた、別の記事で紹介したいと思います。

保育士は、ただ遊ぶだけではなく、子どもが主体となって遊ぶことが出来るような環境をどのように作るかが大切だと思います。これから保育士を目指そうとしている方は、先輩保育士がどんなことを考えて動いているのかをしっかり真似ながら、働いて見てくださいね。簡単にしか書いていませんが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。







人気ブログランキング

日々の体重や、腹周りを公開しています

人気ブログランキング

-保育園

Copyright© みんちのたまご日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.