妊娠

妊娠8ヶ月(28〜31週)の赤ちゃんとママの特徴

投稿日:

妊娠生活にも慣れ、いよいよ妊娠後期!お腹も急激に大きくなり張ルコとが多くなります。特に長時間立っていると、大きな子宮を支えていた骨盤底筋群が疲れてくるようです。疲れたと感じる時は、すぐに横になりましょう。

妊婦健診も4週おきに通っていたのが、2週に一回のペースになってきて、出産がイメージつかなかった人も少しずつ出産に向けて準備を始める時期になります。

ママの特徴

◯足元が見えづらくなる

子宮が大きくなり靴下をはいたり、爪を切ることが難しくなります。さらに階段などの上り下りではしっかり手すりを持他ないと、踏み外す恐れがあります。私もこの前、すごく低い段差でしたがつまづいてしまいました。となりに旦那さんがいたので、すぐに支えてくれたので転ぶことはなかったですが、体が重くなっているのでバランスが取れず転んでしまうことがあるので、一人で歩く時は、必ず手すりを持つようにしましょう。

◯乳輪ががますます黒くなってくる

ホルモンの影響で乳輪部分がさらに黒くなってきますが、産後少しずつ元に戻りますので、気にしないで大丈夫です。

◯お腹が張ってくる

お腹は風船のように大きくなり、だんだん張ってきてしんどくなります。安定期に入った時と同じように歩いていると、「なんかしんどいな〜」と感じることもあります。疲れたと感じた時は、すぐに横になりましょう。

◯後期つわり

子宮が大きくなると胃や腸が圧迫して胸焼けや胃もたれ、吐き気などの症状が現れる人もいます。これを後期つわりと言います。

◯検診で逆子と言われることも!

赤ちゃんはだんだん大きくなるにつれて、身動き取りづらくなると自分で頭を下にするようになります。検診で頭が下になっていないと逆子と言われることがありますが、逆子は、出産までに変わることも多いので、そこまで気にしなくても良いと思います。骨盤体操などを行うことで 煽ることがあります。

この時期の赤ちゃん

頭殿長 約43cm

体重 約1800g

◯赤ちゃんは呼吸の練習を始めます

◯聴覚がほとんど完成する

◯脳のシワが増え始める

この時期にやっておきたいこと

◯ゆったりと過ごすことを心がけて!

せっかちなママは、ゆっくり過ごす生活を心掛けましょう。慌てると転んだりいいことありませんよ。

◯赤ちゃんの寝るスペース作りをスタート

赤ちゃんをどこで寝かせるのか迎える準備を考えておきましょう。落下物がないか、直射日光は当たらないかなど安全を確保できる場所を選びましょう。

◯万が一困った時、タクシーや両家の連絡先を控えておこう。

出産までまだ2、3ヶ月ありますが、妊娠はいつ何が怒るかわかりません。後期になると早産で生まれることだってあります。まだ里帰りしていないこの時期だからこそ、一人でどうしていいのか分からずパニックにならないように、しんどくなったらすぐにタクシーを呼んだり、すぐに来てもらえそうな家族や知人の連絡先をメモっておきましょう。またいつも通っている産婦人科の住所や電話番号を控えていると、相手に伝えやすいです。







人気ブログランキング

日々の体重や、腹周りを公開しています

人気ブログランキング

-妊娠

Copyright© みんちのたまご日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.